初期費用や引っ越し代金を安く抑える方法

賃貸物件に住む場合は、初期費用の他にも引っ越し費用がかかります。

 

引越し業者に支払う料金は、各社さまざまあります。
料金によって、サービスの違いももちろんあります。
一人暮らしの引越しの場合でも、数万円程度必要です。

 

また、家族の引越しの場合は10万円をこえる場合もあります。

 

引越し業者に支払う料金を安く抑える為には、
引越し料金の一括見積もり請求をインターネットのサイトでおこないます。

 

引越し業者を決める際に、この作業をするだけで料金が大幅に変わる場合があります。

 

一括見積もりは、同じ条件で料金を比較するのに大変に便利です。
その為、相場よりもお得な料金で引越しできる場合が多くなります。

 

また、一括見積もり請求をすると、引越し業者から積極的にサービスなどを紹介してくれます。
また引っ越し時期を工夫する事で、引っ越し費用を抑える事もできます。
引っ越し時期は、6月から8月、12月から1月、平日を選ぶと安くなる傾向があります。

 

賃貸物件を検討する際には、引っ越し代金など以外にも初期費用が必要になります。
 
初期費用を抑えたい場合は、礼金がない物件や少ない物件から探します。

 

礼金は、大家への謝礼金ですので退去時には戻りません。
最近では、礼金が不要な物件や家賃1カ月分の礼金の物件が主流となっています。

 

また、保証金方式の物件でも保証料が少ない物件を選びましょう。
また、仲介手数料半額や仲介手数料不要の物件も増加していますので利用します。
不動産屋の物件紹介で、媒介と記載がある場合は仲介手数料が必要な物件です。

 

またフリーレント物件の場合は、入居後の一定期間の家賃が不要になります。

 

不要になった家具や家電は、リサイクルショップに売りましょう。