敷金はどういった場合に返金されないの?

現在敷金を支払った賃貸物件に住んでいる方は、新しい新居に引越しするにあたり、
退去する物件の敷金返還を受ける事ができます。

 

どなたでも、できる限り敷金は多く返してもらいたいです。
しかし、契約書の内容や大家の判断によっては返還される敷金額にも大きな差がでてきます。
また、トラブルで多いのも敷金に関するものが多いです。
敷金のトラブルは、さまざまなケースがあります。

 

敷金返金に関係しないのは、一般的な生活で生じる汚れや傷みです。
また、住宅の劣化は借り主には関係ありません。
つまり、このような事から生じた劣化などに関しては敷金からお金を出す必要がないです。

 

敷金から払わなければならないのは、賃貸物件の原状回復に必要なお金になります。
例えば、物件の一部を壊した場合や自分で取付けていた設備の撤去費などです。

 

しかし、どこまでが通常の使用の経年劣化にあてはまるのかは判断があいまいです。
それは、退去時に大家と交渉して決める事になります。

 

納得いかない場合は、裁判であらそっていきます。
しかし、借り主は必要以上の掃除やクリーニングをする必要はありません。
なぜなら、通常次の人が住むまでに一度は業者を呼んで掃除するからです。

 

賃貸物件を退去する際には、一般常識の範囲の掃除や追加設備の撤去、
ゴミの始末、壊してしまった箇所の修復などをしておきましょう。

 

自分でエアコンなどを新たに設置した場合は、エアコンを撤去して壁の穴を埋める必要があります。
もし、引っ越し先の賃貸物件にエアコンを設置する場合は、事前に大家に確認しておきましょう。