賃貸契約に関わるお金について

賃貸契約では、必要となる費用がさまざまあります。
 

 

一般的に、必要となる事が多いのが敷金、礼金、前払い家賃です。
敷金には消費税がかからず、賃貸物件を出る際に清掃や修復にあてられます。
また家賃の不払いがあった際は、敷金から家賃が充当されます。
賃貸物件の退去時に、部屋をきれいに使用していた場合敷金の大部分は返金されます。
しかし、中には必要以上に修復し、追加でお金を徴収する悪徳業者もいます。

 

入居者と不動産屋のトラブルの多くは、敷金のトラブルになりますので
契約時には契約書の内容をしっかりと確認しておきましょう。

 

礼金は大家に対しての謝礼で、返金される事がない費用になります。
また、礼金には消費税がかかりません。

 

仲介手数料は、不動産屋に支払うお金になります。
通常は家賃の一カ月分の設定が多く、消費税がかかる費用になっています。

 

手付金は、賃貸申込時に不動産屋が賃貸物件を他の人に紹介しないようにする為の費用です。
手付金額は決まっていませんが、通常家賃の一カ月分の設定が多いです。

 

共益費は、賃貸物件の共用部分に対して払う費用になります。
賃貸物件の専有面積から、共益費は計算され請求されます。

 

家賃は、賃貸物件を使用する為の一カ月分の費用になります。
不動産屋によって、前払いか後払いに違いがあります。
家賃に消費税はかかりませんが、テナントの場合は消費税がかかります。
また、契約時には2カ月分の家賃を前払いする場合も多いです。
賃貸物件の更新契約をする場合には、契約期間が切れる前に更新料を支払う必要があります。
賃貸契約は、1年や2年契約などさまざまあります。更新料には、消費税がかかります。