女性の一人暮らしの賃貸物件を選ぶポイント

女性が一人暮らしを始める際には、犯罪から身を守る必要が昔よりもさらに高まっています。

 

特定の女性を狙う犯罪や行きずりの犯罪までさまざまあり、
現在の日本で犯罪はかなり日常的におこっています。

 

その為、女性が一人暮らしの物件を探す段階で、
少しでも危険性の低い物件選びを心掛ける事はとても大事です。

 

なぜなら、日本国内の強姦事件の多くは、自宅での被害が非常に多いからです。
物件選びでは、簡単に忍び込める構造の部屋は大変狙われやすいので避ける必要があります。

 

物件を探す際には、建物の構造やセキュリティー、周辺の環境なども大事な要素になります。
これらのチェックポイントから、物件の場所を選びも慎重におこなっていきましょう。

 

実際に女性が物件を選ぶ際には、オートロックや防犯カメラ、二重施錠などを基準に選びます。
また管理人が常駐している物件は、防犯性が高い住居の場合が多いです。
また2階以上の部屋を選択し、ドアを開けなくても訪問者が確認できる設備がある物件にしましょう。

 

さらに、駐輪場や駐車場に照明や防犯カメラが設置してある物件は安全性が増します。
また、エレベーターに窓があり、廊下側の窓に格子が取り付けられている物件は安心です。
また、ベランダなどは外部から侵入しにくいかどうかも確認します。
さらに、鍵つきのゴミ集積場が設置してある事も大事です。

 

女性専用のマンションは、家族や知り合いの男性でも立ち入りが制限されている事が多くなります。
その為、他の物件よりも安心感がありますが、数にも限りがあり家賃が高い場合も多いです。

 

金子不動産で賃貸をさがしてみましょう

不動産屋が儲かる仕組み

現在は、部屋の情報を得るのもインターネットのサイトからがほとんどです。

 

不動産屋は数多くありますが、どのように儲けているのか知らない方も多いです。

 

不動産屋が自社で所有している物件がある場合は、毎月の家賃が利益となります。
また、所有者から管理を委託されている場合はその手数料が利益になっていきます。

 

不動産屋にもさまざまな種類があり、管理業務からの利益を主とする会社もあります。
もちろん、仲介業を主として契約成立時の仲介手数料をメインに利益として活動している不動産屋もあります。
仲介手数料は、家賃の1カ月分が相場です。

 

しかし、仲介手数料は宅建業法で賃貸の場合は家賃の半分程度までしかとれない事になっています。
しかし、入居者と所有者の合意があれば片方から1カ月分までとる事ができるようになっています。
通常、不動産屋がこの事を告げる事はありません。
その為、仲介手数料はうまく交渉する事で値切る事ができます。

 

また、不動産屋は礼金を上乗せして上乗せ分を管理会社や所有者からバックしてもらう場合もあります。
現在は、他の不動産屋で見た物件の仲介手数料を安く提示して利益を出している業者もいます。
同じ物件で安く契約できるなら、もちろんそちらを選ぶ利用者は多いです。
その為、物件の内見後に手数料の安い不動産屋を探す利用者も増加しています。

 

現在では、物件情報をサイトなどから手に入れる事ができます。
その為、昔よりも営業の方に任せる必要が少なくなってきています。

 

しかし、賃貸物件に住んだ後の事も考えて、
しっかりと安心して任せる事ができる不動産屋を選択しましょう。